生きづらさの原因は 全て自分の中にあるのです

「なんだかつらい」の原因って?

わたしたちは、自分で考えられている「思考」という顕在意識と、自分では捉えられない「潜在意識」という2つの意識があります。
よく例えられるのが、顕在意識は氷山の一角で、およそ3%。残り97%は水の下に隠れていて、普段は全く認識できないと言われているところです。

そして、わたしたちが「なんだかつらいな」「なんでうまくいかないんだろう」って思うときは、
① 顕在意識と潜在意識に違いが発生している
② 誰かのせいにしてしまっている「被害者意識」

の2つが大きな原因になります。

顕在意識と潜在意識の違いって?

いつもの自分の思考(顕在意識)では、「しあわせな結婚がしたい!」「昇格・昇給したい!」と思っていても、心の中の見えない部分(潜在意識)では、「結婚したって絶対浮気されるし、うまくいくはずがない。親も離婚したし、わたしも絶対離婚する運命だ!」「いい人なんか残ってない!」「こんなわたしは嫌われる!」と思っていたり、「昇格したら妬まれる。この程度の能力で昇給するはずがない。」って思っていた場合、自分の中の「希望」と「本音」に乖離がありますよね?
なんだかんだと言い訳する自分がいたりとか。

この状態だと、一生懸命「前に進むぞ!」って言ってるけど、いうこと聞かないめちゃくちゃでかい牛の手綱を腰に結んでいるようなもので、全く思う方向には進めませんし、時には牛に蹴られて怪我をします。「もー」って感じです。

この、希望していること考えていることと、心の中の意識できていない大きな本音「潜在意識」が全く違う方向を向いている時に、「うまくいかない」
「つらい」
って思ってしまいます。

だから、つらい気持ちを解消したり、本当に自分が望む人生を歩むには、その違いがあることをちゃんと知る必要があります。
知ってないと、整えることができないですからね。まずは、知ること。認識することが大事です。

誰か、何かのせいにしている「被害者意識」

両親や家庭環境、学歴、経済的問題、このような様々な事情により、子供時代の環境は大きく変化して、わたしたちの思考の土台にとても大きな影響を与えます。
この幼少期の自分以外の外側にあるものにわたしたちはものすごく影響を受けます。そしてその外側にあるもののせいにして、わたしたちは「このせいでうまくいかない!」「こんなはずじゃなかった!」と、自分の責任とは考えません。

とても難しい考え方なのですが、この外側の出来事に責任を持たせている間は、わたしたちは自分の人生の手綱を自分でとることはできません。ずっと「何かが変われば」「誰かが変わってくれれば」「親が愛してくれれば」などと、外のものが変化しないとわたしは生まれ変われない、と決めてしまっている状態が続くのです。

この状態をやめて、ちゃんと自分の人生を自分の思う通りにしっかり進み、自分の人生を自分でしっかりとコントロールできるようになるには、「何かのせい」にするのはやめて自分が責任を持たなければなりません。
誰かが変わること、何かが変化することを待つのではなく、自分が自分の人生に責任を持ち、自分を変化させていくことが必要です。

被害者意識がある間は、やらされてる、コントロールされている気がして、異常に疲れます。
わたしはいつも疲れてました。今でも被害者意識に支配されてしまったときは「疲れたー」「もーやだ」とか思ったりします。でも、その時に「わたしが選択した」ということをしっかりと認識して、「疲れた」「いやだ」という言葉を使わないように努力します。「言葉=言霊」なので、その通りのものが目の前に現れます。
自分の言葉で、自分が魔法にかかってしまう状態です。同じ魔法なら、良い魔法をかけたいですよね。

良い言葉を使うように努める。そしてネガティブな言葉は使わない。使いそうになったら気づけるようになる。これ、大事な一歩です。

自分の人生は、自分でしっかりと責任を取る。そして誰のせいにもしない。
そして、「絶対に幸せになると決める」ことがすごい大事です。
「決める」こと。これ、とってもパワフルです。
自分の人生を自分で責任を取れるからこそ、自分の好きなようにコントロールできるようになるのです!

なんか、ワクワクしませんか!?

いつも自分の人生を最高にするための祈りを・・・

 

共鳴と察するチカラで、本当の望みや才能を探すのが得意。いかに楽しく美しく歳を重ねるかを探す50th。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)