心の仕組み ~Lesson ③ エレクトラコンプレックス

今世で生まれ変わり 母との確執に気づいた話

心が生まれ変わって、今までの人生の生きづらさの原因を知って、
目から鱗がボロボロ落ちた話、シリーズ③

エディプス/エレクトラコンプレックス

ギリシャ神話に基づいて名付けられた、深層心理にある、葛藤と罪悪感と無価値観の原点のことで、

エディプスコンプレックス(男性版)
エレクトラコンプレックス(女性版)

という、わたしたちが、この世に生まれてきたときの、【 わたしと、父と、母 】という3人の世界の関係性が、これからの人生の人間関係に、非常に影響してくる、というお話です。

この「3人」という単位は、社会の縮図でもあります。最小単位ですね。
男の子は、父親と競争して、母親を手に入れようとし、女の子は、お父さんの愛情を独り占めしようとして、母親を遠ざけます。

この、【 同性の親に勝つ 】という競争に勝つと、ずっと「罪悪感」を抱えて生きてしまうことになりますし、負けてしまうと、自分には価値がない… と感じてしまう、
「無価値観」を持って生きていく事になります。

f:id:yumiring3131:20180901225311j:plain

※下手くそな絵でごめんなさい

すごーい深いところで 幸せにならない道を選んでいる

【 罪悪感 】
心の奥深ーいところに、「こんなわたしは罰せられるにふさわしい」と思っているので、自分に「罰」を与えて、バランスを取ろうとします。

例えば、「しあわせにならない」という罰であったり、不倫、浮気、セックスレス など、自分を傷つけるような恋愛をする事で、自ら罰を与えるような環境に身を置いてしまう事だったりします。

信じられない!と思う方もいらっしゃるかもですが、無意識の場所では、このようなことが起こってます。

ママに勝って、パパの愛を独り占めした女の子

社会に出ても、異性の上司との関係などは、良好に築けることが多いです。なぜなら、ずっと「異性(のパパ)」に愛されてきたからです。
異性が怖くなく、「異性は、わたしのことを愛してくれる存在」とすら、思うケースもあります。

ただし、おまけにふたつのパターンがついてきます。

① 父親以外の男性とのステディな関係がうまくいかない
父親との距離が近すぎて、他の男性ではなんだか物足りない、愛が足りないと思ってしまう。未熟だと思ってしまった理、「パパに悪いなー」って思ってしまう

② 女性の同僚や上司とうまくいかない
同性に、「母親」を投影するので、常に「罪悪感」を感じる事になってしまう「こんなわたしは罰せられる!」というスタンスで、接してしまうので、意味もわからず、嫌われたり、いじめられたりと、関係がうまくいかない

なんて人生がうまくいかないんでしょう。。。ココロの無意識の層で、こんなことが起こっていたなんて!

それとはまた別で、「自分には何かが欠けている、不十分である」という心理もあります。

「ナニ」が欠けているからです。

悩みや生きづらさを解消し、眠っていた才能と魅力を開花させ、よろこびあふれる人生を!

プロフィール

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。