窓をあけて感じるもの

千葉の東京湾近くにある、わたしのお家は、
風向きによって、海の匂いがする。

海の匂いのするところは、

遠く離れたところにある、

わたしの生まれ育った場所も同じ。

朝、窓を開けて、

夕方、会社を出て、

寝る前に、ベランダに出て、

雨の降る日に、窓を開けて、

かすかに鼻孔に届いてくる、

空気の匂いは、

いつも季節を教えてくれて、

そして、たくさんの想い出のかけらを、

ほんの少しだけ届けてくれる。

実際に、思い出さないくらいがいい。

ほんのちょっとだけ、

そんな香りがするだけでいい。

ほんのちょっとだけ、

あの頃の記憶の入り口に触れるくらいが、

安全で、安心で、

そしてとても気持ちがいい。

涙のところまで深く届かず、

すーっと 風が触れるくらいが

とてもちょうどいいし、

そして、

いちばん美しい。

Share!
スポンサーリンク
by
スポンサーリンク



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)