みんな、まっすぐに伸びた翼を持ってるんだよ

もう、こんなものいらない!!

子供の頃、

わたしたちは、みんな同じように、

大きくて大きくて、

まっすぐに伸びた、

大きな翼を持っていたんだと思います。

どんな夢だって叶えられる、

どんなとこへでも飛んでいける、

大きくて綺麗な、

そんな翼を持っていたんだと思います。

どうしてこんなつらい人生なんだろう

人によって、抱えられる人生のつらさのキャパって、

きっとだいぶ違うだろうなーって思います。

これは、魂の年齢にも

よるのだろうと思います。

つらくてつらくて、

それでもがんばって、

つらくてつらくて、

それでも大好きな人たちの笑顔が見たくて、

わたしたちは

たくさんがんばってきたんだけど、

ある日、

「もういい!」って、

たくさんの夢に向かって広げていた、

その大きなキレイな翼を、

置いてしまいます。

翼を置いてしまう、

時期も、きっかけになる事件も、

それぞれその人によって違ったりするし、

びっくりするくらい、つらい人生を

一歩ずつ進んでいる人もいる。

「もう、夢はみない!」

「もう、あきらめる!」

って、そんな大きな痛みとともに、

たくさんのキラキラした夢と一緒に、

翼があったことすら、

忘れてようとして、

そして、忘れて、生きています。

忘れないと、生きていけない、

そんな人生も、たくさんだったと思います。

もうそろそろ思い出したいよね

あの時、投げ捨てて、

「もう絶対に、こんな翼いらない!」って、

ぐちゃぐちゃにぶっ壊して、

そして、自分から見えないところに、

閉じ込めてしまったり、

そっと、外して、

固い固い、冷たい石棺にしまって、

そして強固な蓋を閉じてしまったり、

人それぞれ、外し方は異なるけど、

その翼があったことを思い出して、

そして、もうそろそろ、

その翼をもう一度、

取り出していいころではないかと思います。

自分の生きたかった人生を取り戻す

今、世界にはたくさんの

ヒーラーや、セラピスト、

カウンセラーがいて、

それぞれの持てる力で、

新しい次元への道を、

示していっているところだと思います。

あきらめる必要もなくて、

忘れたふりして生きる必要もなくて、

ガマンする必要もなくて、

本当に手にしたかったことを、

本当に欲しかったものを、

もう一度、

「これが、欲しい」って、

言葉にして、行動することができる、

そんな時代になっていると思います。

いろんな方法があって、

いろんな思い出し方があって、

いろんな蓋の開け方がある。

だから、もう一度、

あの、まっすぐな時の、

大きな白い翼を、

もう一度手にとって、

羽ばたいて欲しい。

わたしも、みなさんも。

もう一回、無邪気に、羽を広げてみたい。

大切な人たちが、

無邪気に羽を広げている、

そんな姿を見たいなー

って思います ʕ•ᴥ•ʔ ♡

心理カウンセラー。潜在意識や無意識から問題を解決して、本当の望みや才能を探すのが得意。いかに楽しく美しく歳を重ねるかを探す50才。

プロフィール

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。